これからのコピー機の導入はレンタルが有利になるかも

コピー機の導入方法がリースである場合、原則として途中で解約できないデメリットが生じます。

例えば、今回の新型コロナウイルスの影響によって事業が行えない、あるいは残念ながら事業を断念したり、縮小化するといった場合でも、利用し続けるか違約金を支払うことが求められます。リース業界では支払いを猶予する動きが生じていますが、これはあくまで支払いを延期する措置に過ぎません。金銭的負担が減少するわけではないので、注意が必要です。一方、コピー機の導入をレンタルでしていた場合、今回のような有事には比較的強いメリットを味わうことができます。

なぜなら、レンタルはリースと異なり契約期間は短期であることが多い傾向があるからです。したがって、違約金が必要になった場合でも金銭的なダメージはリースよりも少なく済みます。つまり、事業を継続することが前提となっている場合はリースが有利ですが、そうでない場合や有事についてはレンタルの方が有利になる可能性が高いと言えます。

ただし、コピー機の性能についてはリースに分があります。こうした特徴もあって、コピー機の質にそれほどこだわりがない場合や、事業の継続がまだ不透明という場合にはレンタルも視野に入れるべきと解釈できます。新型コロナウイルスの影響によって、今後は在宅ワークのニーズが増え、オフィスの役割が縮小化することが指摘されています。働き方が流動的になることを考えると、コピー機の導入についても柔軟性に優れたレンタルの方がこれからの時代には適しているかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *