コピー機の導入はレンタルからスタート

これから事業を始めようとする場合、コピー機の導入はレンタルで行うのが無難かもしれません。

導入方法としては他に購入やリースの方法がありますが、購入には多額の費用という問題があり、リースの場合には途中解約ができないという大きなハンディキャップが伴います。その点、レンタルは初期費用が購入に比べて非常に安いこと(基本料以外に搬入費や設定の費用が必要)、リースのように数年間という長期の契約期間に拘束されないメリットを享受できます。同時に、コピー機を割賦契約で購入する場合やリースを活用するとなれば、審査が必要になります。

これから事業を開始するケースでは、当然審査が通りにくくなります。事業主に十分な資産がある場合や、利益が出やすい事業内容である場合などを除けば、審査を通過することは容易ではありません。また、審査には多少なりとも時間がかかります。こうした事情もあって、新規で事業を始める際のコピー機の導入方法はレンタルに優位性があります。

一般的に購入やリースよりも高いとされてきたコピー機のレンタルサービスですが、近年では非常に低価格のサービスが目立つようになりました。月額料金が5、000円を切るようなサービスもあるほどです。低価格の原因は、サービスの競争が激しくなっていることが考えられます。これから起業しようという方にとっては、追い風ではないでしょうか。さらに、これまで何となくリースを利用してきたというオフィスにとっても、レンタルは検討してみる価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *