コピー機のレンタルは店舗選びも大切

事業所がコピー機を導入する場合、大きく2つの方法が考えられます。

事業の効率を重視して最新機種を導入するパターンと、機能よりもコストの安さや契約の柔軟性を重視する方法です。前者の場合は、新品を購入する、もしくはリース契約で導入するのが基本となります。一方で、後者の基準を重視するのであれば、レンタルを検討してみる価値は十分にあります。なぜなら、レンタル契約で使用されるコピー機は中古品となり、保守費用やオプション費用も込みの契約プランになるのが基本ですから、コスト削減を図ることも可能です。

レンタルではカウンター料金が高めになりますが、使用を極力控えるなど、従業員のコスト感覚を養える点でも少なからずメリットがあります。レンタルで貸し出されるコピー機は中古品とは言え、仕事の効率化に大きく貢献することは間違いありません。特に、実績のあるOA機器の貸し出しに強いレンタル店を利用すれば、その事業所にピッタリあったコピー機を選定してもらうこともできます。

そのため、相談する際に使用頻度や希望する機能、予算などを提示できるように準備しておくと良いでしょう。実績がある店舗をお勧めする理由はこれだけではありません。取り扱っている機種が多いことや、在庫が豊富である可能性が高いことも大きな理由です。コピー機は機種やメーカーによって価格が大きく異なり、中古品についても同様のことが言えます。取り扱っている機種や在庫が豊富であるほど、掘り出し物のマシンが見つかりやすくなることは言うまでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *