コピー機はレンタルするのが常識

一昔前のオフィスというのは、パソコンもコピー機もシュレッダー等全ての物は会社で購入されていました。

しかし今現在は多くのオフィス機器がリース契約で賄われています。このリースというのは、所謂メーカーからのレンタル契約となります。基本的に3年から5年でメーカーと契約してそれを使用期限まで使うのですが、こちらの方が明らかにコストパフォーマンスが高いのです。特にコピー機に関しては、間違いなくレンタルを利用する方が賢い選択です。その理由としては、オフィス機器というのは、仕事の効率を求められます。

新しいコピー機となれば、それまで利用していて多くの方々から要望を受けたりして改良されている可能性が高い上に、コピーのスピードがアップしていたり、インクの減りが少なくランニングコストが低かったりとコストパフォーマンスが上がっています。コピー機をレンタルではなく購入する場合でも、コピー用紙やトナー等のランニングコストが掛かりますし、その他にコピーレンズが汚れてしまい、交換したりしなければならないのでそれなりにコストは掛かってしまうのです。

それはコピー機以外のオフィス機器に関しても同様の事が言えるのです。それを考慮すると、新しい機器が開発されるサイクルの早いオフィス機器に関しては、レンタルを上手く利用するのが、会社の業務効率のアップや経費の節減に繋がっていくので、まだ導入していない会社の経営者の方々は是非ご検討下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *