コピー機をレンタルする場合のメリットとデメリット

ビジネスにおいて今やコピー機は必要不可欠なものですが、1台の価格が他のOA機器よりも高額であるため、レンタルやリースを利用するのが一般的です。

コピー機をレンタルするメリットとしては、利用期間が数日程度の短期間でも利用できることが挙げられます。リースの場合は5年から6年程度の長期契約が原則で、中途解約ができない仕組みになっているため、事業計画が定まっていない場合やイベントなどのスポット的に利用する場合に最適です。また、所有権がレンタル会社側にあるため、導入した場合でも減価償却や固定資産税などが発生しないこともメリットのひとつです。

一方のデメリットとしては、導入できる機種が限られていることが挙げられます。最新式のコピー機をレンタルしているケースが少なく、旧型の中古品が多い傾向にあるため、印刷速度が速い機種を無線接続で利用したいといった複雑な容貌には対応できない場合が多くなっています。

更に、リースよりも費用が高額になることもデメリットのひとつで、1ヶ月で50000円から100000円とリースで利用する場合の倍近くの費用が必要となることや、事務所への搬入搬出費が必要になることが多く、特に高層階でクレーンを使用した場合は高額の費用が発生する可能性があります。そのため、コピー機をレンタルする場合は利用期間を始めとして、利用期間内にどの程度コピーするかを想定したうえで、利用の可否を判断することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *