コピー機はレンタルから始めよう

コピー機を仕事場に導入したいとかんがえているのなら、レンタルからはじめてみてはいかがでしょうか。

コピー機の導入方法には家電量販店などで購入する、リース、レンタルの3つの方法があり、それぞれメリットデメリットが存在します。購入する場合は資産になるため1度代金を支払ってしまえば使用料金が発生しませんが、機種に合ったインクやメンテナンスができる人材の確保など意外とその他のお金がかかるケースもあります。また購入したと同時に機材は古くなっていくため、新しいコピー機がでた時にまた買い替えを行わなければならないなどお金が比較的かかる方法です。

リースは長期利用をする場合は、レンタルよりも安く借りることができるのがメリットです。審査を行ってから契約に入るため、今すぐコピー機を使いたい場合には基本的には向いていません。同じ機種を長期利用をすることで価格を抑える方法なので、途中で他の機種に変えたくなった場合や必要がなくなった場合には違約金などが発生します。そのため機能が使いやすいなど、お気に入りの機種がある方などにおすすめです。

レンタルのメリットは審査の必要性もなく、1日からでも借りることが出来るので、コピー機を初めて導入する方に特におすすめの方法となっています。実際に使ってみてから長期契約を考えたい方やカラープリントを多く使う可能性があるなど、機種選びに迷っている方でも使いやすいのでおすすめです。トラブルがあった場合でも、対応してもらえるケースがほとんどなのでまずはここから導入してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *