購入かリースそれともレンタルか、コピー機の契約とは

コピー機を導入する場合の選択肢として、レンタルかリースまたは購入が考えられます。

購入を選択した場合は、購入者自らが所有者となり、初期コストのみで以降の固定費を考慮しなくて良い点が魅力です。一方で、中古機器はあるものの投資額が大きくなりがちな点がデメリットでしょう。加えて故障などトラブルがあったときのコストも見込んでおく必要があります。ではレンタルやリースはというと、初期費用が低く抑えられるうえ固定資産税の負担がないなどのメリットはありますが、月々の固定費は考慮しなければなりません。

直ちにどちらが得とは一概に言えず、会社の事情に応じた選択が大切になります。コピー機のレンタルとリース間にも違いがあります。その最も大きな点が中途解約できるか否かと、コピー機の機種を指定できるかどうかでしょう。レンタルは短期間の予定で契約すると効果的で、審査が簡便なのも魅力です。ただしリースと比べ毎月の使用料が高い傾向ですから、長期に使用する予定はないのか契約前に十分検討することが大切でしょう。

とはいえどちらの契約にしろ、故障しても借りた側が自己費用で修理必要はありませんし、固定資産税の負担もないので月々の使用料さえ計算に入れていればよく、予算計画が立てやすい点は経営にプラスです。ちなみにリースは、法人間取引や法人と個人事業主間取引において適用される契約ですから、目的外だと結ぶことができません。個人的な利用の場合は自ずとレンタルに選択肢が絞られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *