コピー機レンタルの特徴や利点

オフィスや事務所などにコピー機を導入する際には、購入と賃貸借であるレンタル・リースの方法があります。

賃貸借のひとつであるコピー機のレンタルの大きな特徴として、リースよりも利用期間が短期間であることが挙げられます。数日から契約することが出来ることが多く、短い期間だけ利用したい場合に有効的だと言えるでしょう。最短であれば1日から借りることが可能である会社もあり、イベントなどでその日だけ必要である場合なども気軽に利用出来ます。また、いつでも解約することが出来ることも利点のひとつだと言えるでしょう。

リースの場合は契約満了まで解約出来ないことに対して融通がききやすく、利用する必要がなくなった場合には、途中で契約を終了することが可能です。さらに、リース契約の場合と同じではありますが、コピー機自体の所有権はレンタル会社にあるので、購入した場合には計上する必要がある固定資産税や減価償却などが発生しないこともメリットです。その他、審査が必要ないことも大きな魅力点であると言えます。

リースの場合には、審査の結果断られてしまうこともありますが、その心配がなく気軽に借りることが出来ます。その反面、リースよりも月額料金が高くなったり、機種の選択肢が少なく最新機器などがリストにない場合も多く希望の機種を導入することが出来なかったり、中古品で型が古いものが多いということが、コピー機のレンタルでは発生しうることでマイナス面の特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *