コピー機をレンタルするのと買うとどちらが得か?

コピー機や複合機の入手方法はこれらの3つがあります。

リースとレンタルと購入というものがあります。まず、このコピー機のリースとレンタルの違いを挙げるとリストは長期間の賃貸借期間であってレンタルは、は威嚇的短期間のことを指します。コピー機を買うか借りるかを決める際は比較的長い仕様をするのならばコピー機を買ったほうがお得になります。その理由は、実際に長期間借りている場合だと毎月お金を払わなくてはいけないので、本当のそのコピー機の定価より高くなる恐れが有るからです。

もし、買うのに抵抗がある場合はリースをするとレンタルよりは長期間で見ると安くもなりますしリースのほうが買った後に保守対応があるのでとても良いです。リースとレンタルにするか悩んで際はこの基準を見てください、機械を借りる際に3年か以上を借りようとしている人はリースにしたら借りるよりは長期的にみると安くなるのでお勧めです。

また、複合機を買わないメリットを挙げますと最初にかかる投資金額が少額で済み、借りるということは自分(会社)の所有物にならないので固定資産税などのような税金が課せられなくなるので節税効果があります。リース料は会社の費用で落とせるので翌年の節税効果に役立つことができとても得なことが多いです。なので、もしこれから複合機をどうしようか悩んでいる方買うよりは初期費用が安くまた、買うのではないので固定資産税にも入らなくなるので節税の効果を狙えるのがあるのでとても良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *