コピー機のレンタルを利用するメリットは

デジタルデータのやり取りが増え、業務におけるペーパーレス化が進行しているとも言われていますが、実際にはまだまだ多くの書類が必要とされており、コピー機もスムーズな業務推進に欠かすことのできないOA機器として一定の地位を得ています。

紙に印刷された文書を直接目視できるということは、もっとも簡潔で確実性の高い情報伝達手段でもありますので、今後も一定の需要に支えられていくことでしょう。そのためオフィス内でもコピー機を導入し続けていくこととなりますが、その方法には大きく分けると「レンタル」か「リース」のどちらを利用するのかを決める必要があります。その2つのメリットを見比べて、お得でスムーズな導入を目指していくことが良いでしょう。

コピー機は本体価格が高額になりますので、オフィスで一括で買取をして使用をするというケースは少ないものです。そこで、一定の月額を支払うことで運用をする方法が経済的ですが、レンタルとリースでは似ているようで細かい部分が異なります。所有権は使うオフィスにはなくそれぞれの契約先の会社にあること、資産ではないために減価償却の支払手続きが発生しないことは共通ですが、リースの場合には長期契約が原則で途中解約が難しく、レンタルの場合には短期契約でも可能で中途解約もできるという点が大きな違いでしょう。

また使用できるコピー機は、リースの場合には新品が多くレンタルの場合には既に何度も貸し出されている使用歴のある品の場合が多いです。コピー機の新しさや機能面よりも、短期間で解約自由な点が重要と考える方は、レンタルを利用することがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *