コピー機をレンタルするメリットとデメリット

コピー機をレンタルする場面はさまざまで、一般的なオフィスはもちろん、イベント会場や建設現場、試験会場など特定の期間に設置されるシーンで活躍します。

最大サイズA3でカラー印刷対応、FAXやスキャンもできる機種となればどのメーカーでも購入価格100万円を越すものがほとんどで、用途によってレンタルする方が断然経済的と言えます。メリットは、1日から借りられるという点です。3年以上の長期間となればリースのほうが安くなりますが、1日~数か月などであればレンタルのほうが経済的です。個人・法人どちらでも申し込み可能で、審査が必要ないことも手間が省けます。

またコピー機を所有している場合と違って、固定資産税や減価償却が発生しない点もメリットです。いつでも解約できるので、必要なときに必要な期間だけ気軽に利用できます。デメリットは、リースに比べると毎月の料金が高くなる点です。好きな機種やモデルを選ぶことができないことも挙げられます。希望の機種があっても取り扱っていない場合もあるので、事前に調べておくと無難です。

また、中古品で型が古いので、最新機種を利用したい人にとっては残念に思ったとしても、それは前もって心得ておくべきと言えます。経済的な面では、初期費用がかかることもデメリットの1つです。大きなコピー機となると搬入・設置・搬出にかかる費用が別途必要になります。業者によってはWi-Fi設定費やパソコンとの接続費などがかかる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *