長期的なレンタルコピー機の利用

最近はペーパーレス化が進んでいるとはいっても、まだまだ紙の文書が登場する機会が減っているようには見えないところがあります。

官公庁あての各種の申請書や届出書にはじまり、得意先あての領収書や請求書など、これまでも紙の文書が担ってきた領域は容易にデジタルに置き換えが可能とも思えず、オフィスにも一定の備えは必要です。このようななかで重宝するのはコピー機であり、大量の文書を同じ内容で作成したり、正本と同一内容の副本をつくったりする上では必須の存在です。

しかしコピー機は性能次第でかなりの高額な買い物となってしまうところから、個人事業主や中小企業などの資金力の弱い事業体にはなかなか手が出せません。そこで注目したいのはコピー機のレンタルサービスであり、この方法ならば経済的な負担感も軽減されます。レンタルの場合の料金の支払い方としては、原則は一日あたりの単価を使用期間で乗じた金額となりますが、もしも数か月からそれ以上といった長期の使用であれば、月割り計算を導入しているショップがあります。

この場合には月ごとの契約となりますので、日割りよりも料金的には割安な水準に設定されているのが普通です。また長期使用であれば同じく月割りの料金となるリースで取得する方法もありますが、レンタルとは違って数年単位の契約となり、途中解約はできませんので、あらかじめ使用する見込み期間を考えた上でどちらがよいか決めるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *