コピー機レンタルは会社の成長への足掛かりに

コピー機の導入方法は購入、リース、レンタルの3種類がありますが、最も利用されている方法はリースです。

他の方法は、会社の経営方針で物品は購入することに決めている、あるいは短期間しか利用しないのでレンタルにするといった特段の事情がない限り、用いられないのが原則です。そして、中には会社を設立して間もないので与信審査に通過できないという会社もあるでしょう。こうした会社は、ひとまずコピー機をレンタルで導入する、もしくは中古品を購入することからスタートするのも作戦です。

しっかり成果を出して、次回こそはリースの審査にパスするというハングリー精神を持てば問題ありません。コピー機のレンタルは中古品が貸し出されることから、従来は故障しやすいと言われていました。ところが、近年ではコピー機の貸し出しサービスを行う会社が増えており、インターネットで探せば全国対応のところも簡単に見つかります。特に都市部では競争が生じていることから、低価格でパフォーマンスの良いマシンを貸し出しているところも少なくありません。

故障対応もしっかり行われることから、意外に満足度は高い傾向があります。リースの審査に通過しなかったからと言って、安定したパフォーマンスを提供するコピー機を導入出来ないとは限りませんので、安心してください。ただし、レンタルはリースのように5年間程度の長期間の利用を想定していません。リースに切り替えれば多くの場合、固定費が下がりますから、成長への足掛かりとして利用することをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *