コピー機のレンタルとリースどちらを選ぶべきか

事業で大型のコピー機を使用する場合、購入すると初期費用が大きくかかるため、どこかから借りるのが定番です。

そしてその借りる方法としては、リースとレンタルの2通りがあります。それぞれ使用できるコピー機や契約の内容が異なるため、事業のスタイルに合わせて選択することが大切です。レンタルとリースで大きく違うのはまず期間で、リースの方が長くなりがちです。大体3年から7年程度の契約をあらかじめ結んでおいて、中途解約をするのであれば違約金が発生します。そのため長期の利用が確実な場合に適した形です。

それに対してレンタルだと数日という短期間でも利用可能です。その分単価が高くなりがちで、初期費用も発生します。もし同じ期間借りるのであれば、リースの方が安くなります。ただイベントによる一時的な拠点の追加など、柔軟性があるのが強みです。そしてコピー機の機種は、レンタルでは基本的に選択できません。

利用する会社が提示するものをそのまま使う形になるため、もし使い勝手や機能面を重視するのであれば、リースの方が向いているでしょう。長期契約ということである程度用意された選択肢の中から気に入ったものを選べて、一定の条件を満たせば契約期間の途中で交換できる場合も多いです。中には最新機種がラインナップに含まれることがあるため、短期間で新しいものに切り替えたい場合にも適しています。実質的には買い替える形に近いですが、実際の購入と比べて費用を抑えられる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *