コピー機はレンタルとリースのどっちがお得か

近年はペーパーレス化が推進されていますが、それでも紙を複製するというのは必要です。

そのためどの会社でもコピー機を利用していますが、コピー機は購入するよりもリースやレンタルした方がお得な場合もあります。リースは、半年から10年程度の中長期で機器などを借りることのできるシステムです。レンタルは、日単位や週単位、月単位といった短期間で機器などを借りることを言います。コピー機をリース場合は、コスト面が明確ですのでランニングコストとして把握しやすいというメリットがあります。

初期費用もかからない上、月額あたりの費用が安くなっています。ただし、途中解約することができず、会社の財務状況を審査されて、場合によっては通らないケースもあります。中古をリースは不可能となっているため、型を落として安く契約することが難しいというデメリットがあります。対して、レンタルの場合は、短期間だけ利用したいという時には特に便利です。

リースは契約途中で解約することはできませんが、レンタルの場合は契約に融通が効くためいつでも解約することができます。所有権がないため、固定資産税などを支払う必要もなく、審査がないため気軽に借りられます。ただし、長期的に借りる場合はリースよりも高くなってしまったり、機種を選べない、中古品を利用すると型が古くて故障してしまう可能性がある上、搬入搬出に対して支払いが発生するケースもあるため、契約する場合はそこに注意して契約することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *