コピー機リースの審査基準とは?

コピー機のリースは、申し込めば必ず契約できるわけではなく、審査に通過する必要があります。そのため、申し込む前に審査時に重視される基準を確認しておくべきですが、その詳細は基本的に公開されていません。しかし、多くのリース会社が重視するポイントは共通しているため、それらを押さえておくことが大切です。まず挙げられるポイントは、企業の業績や事業年数です。

業績が悪く倒産のリスクがある企業との契約は、リース会社にとってリスクがあるため、業績は特に重視されるポイントとなります。また、日本では約7割の企業が創業してから3年以内に倒産してしまうと言われているため、事業年数も審査で重視されるポイントです。赤字経営であったり起業して間もなかったりしても問題視されないケースもありますが、基本的には審査に通過しにくくなります。加えて、企業や代表者の滞納歴も重視されます。

滞納歴は、企業の業績や事業年数よりも重要視されるポイントで、クレジットカードやローンなどの滞納歴がある場合、基本的には審査に通過することはありません。さらに、代表者の年齢も審査基準のひとつです。滞納歴などよりは重要視されませんが、代表者の年齢が契約満期時に70歳を超える場合や、20代前半の場合は連帯保証人を立てないと契約できないことがあります。また、業種も審査ポイントのひとつで、不況が続くような業種や廃業率が高い業種は審査に通過しにくくなります。

以上がコピー機リースの審査で重視されるポイントとなりますが、これらのポイントを押さえてうえでコピー機リースに申し込みましょう。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *