コピー機リース会社を安心させるだけの資料を準備

一定の審査基準を設けているコピー機リースの審査ですが、順調に通過をするために、安心の要素となる資料の提出をすることです。規模も大きく長く営業を続けている黒字経営の企業ならわかりやすいですが、個人事業主の場合は少し審査は通りにくくなります。会社を立ち上げたばかりとか個人事業主でも、積極的に安心の要素を資料を用意しておくことです。審査に若干不利と言われる個人事業主ですが、もし契約して滞納になった時、代わりに差し押さえられるものがないため、そして法人より情報が見えにくくもあります。

詳しい事業内容やこれまでの業績も、個人事業主だと把握をしにくい部分は否めません。出来る限りの安心感を与えることが大事であり、契約を締結しても問題ないと思われる材料を出すことです。事業を開始してから年数がさほど経過していないなら、事業計画書を出したり、個人信用情報や事業主のこれまでの経歴などを提出することもできます。目で見てわかる資料があるといいので、業績も一目瞭然の資料も準備して有利にすることです。

最初から1つに決めるのではなく、コピー機リース契約は、複数の会社への申し込みをするようにします。保守契約内容や月額料金など比較をするポイントは色々ありますが、見積もり依頼も申し込みも1社だけに限定することはないです。申し込みをするコピー機のリース会社は、1つよりも複数の方が、数が多いだけに審査もそれだけ通る確率が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *