コピー機リースの審査ポイントを知れば対策ができる

申し込みさえすればすぐに借りられるわけではなく、コピー機のリース契約は審査を通る必要があります。複数のコピー機リース会社がありますが、契約をするために審査基準を設けているので、そこを通過しなければなりません。審査には共通のポイントがあるので、理解して対策をしておくことです。与信審査をするにあたり重視されるのは、代表取締役やその企業にこれまで滞納歴があるかという点になります。

支払うべきものを払わないまま、未納を続けているようでは、社会的な信用を得ることはできません。過去の出来事だけではなく、申し込みをしている現在も滞納をしているようなら、もはや審査をクリアすることはできないです。ただし信用情報は、数年で回復をしますので、過去に滞納があっても消えていれば問題はないですし、そもそも滞納歴を作らないようにします。経営状態も必ずチェックが入りますし、起業してから会社3年以上運営されているかも確認ポイントです。

あまりにも会社設立から時間が経過していないと、経営状態がわかりません。でもすでに3年以上続いている会社だったら、審査はそれだけ通りやすいです。もっと通過率を高めるためにも、経営は常に黒字の方が有利になります。代表取締役の年齢も関わることですが、もしも70歳以上なら必要になるのが連帯保証人です。

一見するとコピー機リース契約までには、厳しい道のりが待ち受けている印象ですが、こうした内容に問題がなければ審査は通ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *