コピー機はリース契約する会社が多いことの理由

会社で必需品として用いるコピー機は、リース契約を利用している法人が非常に多いことは事実です。この背景には会社利用の場合は大型複合機を用いることが一般的でもあり、新品を購入すると80万円から100万円近くする機種も存在しています。1台の利用であれば出費額は負担にならないという会社もあるかもしれませんが、会社の規模によっては購入するにはハードルが高かったり、2台以上を必要とする会社では初期投資費用が莫大になるデメリットがあります。特に会社を新規に興すような場合では、イニシャルコストはできるだけ小さくすることが必要になるので、コピー機のリースは非常に役立ちます。

提供している会社により違いはありますが、コピー機のリース契約は概ね5年契約が多い傾向にあります。初期費用は掛からずに、月額費用だけで済ませられる契約になり、印刷の利用においてはカウンター式を採用していることが多く、この部分は会社によって変動していきます。それでも購入する経費と比較した場合、固定費は安く抑えられるメリットがあり、あくまで借りている立場なのでトラブルが起きた際の対処も優遇されます。契約期間中は故障しても通常利用の場合は無償で直してもらうことができ、修理不可の場合は交換を無償で行ってもらえます。

5年の契約で期間満了となった場合でも、会社が所有しているものではないので新しく契約をし直す方法で、新機種に交換できるメリットがあります。自社で購入してしまうと壊れた際の対応にお金が掛かってしまったり、廃棄処分をするにも処分料が負担になるので必然的に会社の場合は、コピー機の導入はリースが多い理由になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *