事務所移転の際にコピー機のことはリース会社に連絡を

事務所の引っ越しをするのはよくありますが、移転となればオフィス家具類の移動にも手間暇がかかります。大型のOA機器などは、手間がかかるのでものです。サイズは大きいうえに重量があり、従業員が気軽に運べるものでもありません。導入をしているコピー機がリース契約である場合、サービス提供会社に連絡をすることが必要です。

最初のコピー機リース契約をしたときに、現状の情報で登録をしているので変更をしなければなりません。会社のある場所も電話番号なども、移動に伴い変更がある部分は、引っ越しと同時に変更をする必要があります。うっかりでも連絡をしないままだと、契約違反になってしまうので要注意です。実際の契約内容と異なることから、契約が途中で強制的に打ち切りになったり、加えて医薬品が発生をしては困ります。

毎日使い続けることで自社のコピー機のような感覚ですが、この契約ではあくまでも所有権があるのはリース会社です。そのため事務所の移転で機器の輸送をする場合は、事務所から移転を伝えてコピー機の輸送依頼をリース会社にするようにします。この流れだったら何かトラブルが発生をしても、補償問題は起こる可能性が減るのも良い点です。頑丈に見える外観ではあっても、繊細な精密機器であることに変わりはありません。

無理に自分たちで運び出そうとするよりも輸送は専門業者に任せるのが賢いです。些細な振動や衝撃が発端で、精密機器は故障をすることもあるので、慎重に輸送はする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *