コピー機リースの選び方

コピー機のリースで迷う人もいますが、料金の安さだけで選ばないことが大事です。コピー機リースの料金が安い場合は、メーカーが修理する部品の保有期間がすでに過ぎていることもあるので、注意しなければいけません。料金が安いのには、それなりの理由があるのでよく確認する必要があります。見積もりの時に、本体価格とコピー機のリース料金だけの見積もり料金を提示していることもありますが、契約後のメンテナンス時に、追加料金を請求されることもあるので要注意です。

保守契約の中には、カウンター保守契約やキットトナー保守契約、年間保守契約やスポット保守契約などがあるので、この中でどれが必要が確認するといいでしょう。保守契約料金と本体価格を合計して、月々どれくらいの費用がかかるか、はっきり金額を提示してくれる所なら安心して選ぶことができます。契約したコピー機のリースが、定期的にアフターサービスを行っているかを確認することも重要です。悪質な業者になると、トラブルが発生しても連絡がとれないこともあります。

故障した機械のメンテナンスを依頼する場合は、依頼する会社の中で対応できるかも重要なポイントです。修理できる技術員が在籍していれば、対応が早く余計な時間や費用がかからずにすみます。コピー機リースを選ぶ場合は、月間の印刷枚数を把握することが大事です。購入する際は、月間の印刷枚数に比例したものを選ぶと、余計な費用を抑えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *