コピー機の導入はリースとレンタルのどちらがいいのか

オフィスにコピー機を入れたいけれど、購入するほどのお金がない場合は、リースとレンタルのどちらかを検討することになります。これらは一見似ていますが、内容が全く違います。リースの最大のメリットは、先進機能を搭載した最新機種を安価な料金で導入できることです。なぜなら、借りる側が選んだコピー機を、リース会社がコピー機を販売している会社から買い、納める仕組みになっているからです。

他にも、初期費用がかからないことや支払いを経費で処理できること、維持費が安く抑えられることや自然災害や盗難などにあったときに補償が受けられるなど、メリットは多くあります。しかし、一度契約したら中途解約ができません。契約期間は一般的に最低3年からなので、その期間内に使わなくなりそうなら、リースは向きません。反対に5年を超える長期間の使用を考えている場合、総額で考えると購入した方が安くなる計算になってしまうため、将来的にどう使っていきたいかを想定する必要があります。

また導入するには審査が必要なため、使用できるまでに時間がかかる点には気をつけましょう。レンタルのメリットは、審査なしですぐに導入できることです。また1日という短期間から契約でき、いつでも解約できます。しかし、レンタルの場合はレンタル会社があらかじめ買ったコピー機を貸し出すというスタイルなので、中古の機種を借りることになります。

そのため、メンテナンス費用が高く設定されていて、月額料金が高額なケースが多いです。初期費用もかかるため、長く使用したい場合は向きません。このようなことを参考に、自分のオフィスにあったコピー機を探してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *