コピー機をリースするメリットとは

コピー機をオフィスで利用したいときには、レンタル・リース・購入の三つの手段があります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、長期的に利用するのであればコピー機をリースするのが向いています。契約者が必要とするコピー機をリース会社が購入することで、一定期間の間リース料を受け取ることを条件にその機器を貸すという契約になります。大きなメリットしては、複合機を一括で借りることができるため設備投資などの費用が必要なくなることで初期費用を抑えるっことができます。

毎月の料金は税法上全額経費にすることができ、減価償却の手続きや固定資産税などの支払いもしなくて良いとされています。また、動産保険が適用されているため火事などの災害や盗難に遭ったときは、きちんと補償が受けられるようになっています。契約期間は3~6年ごとに設定することができるため、定期的に最新機種に借り換えるという契約も行うことができます。特に複合機を何台も必要とする大企業に向いている契約方法と言えます。

最新機種にすることで様々な機能を使えるなどのメリットが得られます。リース会社を選ぶ際にはメンテナンスやトナーなどの消耗品などを交換するためのランニングコスト、故障したときに対処してくれるアフターサービスなどに注意して選ぶようにしていきます。料金などのコスト面だけではなく、導入後のサポート体制もしっかりしているか、などにも注意することでメリットのある契約を行えるようになります。コピー機のリースのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *