コピー機リース会社は特に経費面での魅力が満載です

新しく事業をスタートさせるような際には、初期費用は大きく掛かってしまいます。オフィスを構える際には物件探しから始まり、敷金や礼金を支払う必要性もあり、一般的にはスケルトンで貸しているのでオフィス家具も購入する必要が出てしまいます。パソコンを用いることはオフィス環境では当たり前の時代に入っているので、必要台数のパソコンの購入と、ネット環境を構築する際の費用も掛かります。OA機器類は他にも必須な機器があり、大型のコピー機が該当しています。

この種の機種は非常に高額なので、初期経費を安く抑えたい場合はリース会社と契約を結ぶことで高額な出費は無くなります。事業をスタートさせて、オフィス環境を整えた後には、毎月に必要な固定費というものが掛かります。主に家賃と光熱費、オフィス用品の消耗品などが該当していますが、コピー機のリース契約を行った場合では、機種による違いはあるものの4、000円台から借りることができる会社も存在しているので固定費を大きく削減することにも貢献できます。この4、000円台という経費においては、経理で経費として処理することができる範囲なので、法人利用の場合では実質的な出費とはならずに処理できるメリットもあります。

コピー機のリース契約では毎月の固定費が最初から分かっているので、計算しやすいメリットの他、ローンを組む方法ではないことから銀行からの借り入れ枠を温存することにも貢献できます。通常は5年契約になりますが、5年後に新機種で再度契約を交わす方法もできるので、常に新しいコピー機を使い続けることにも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *