コピー機をリースした時のメリットとデメリット

コピー機はオフィスでの仕事に良く活用される機器で、パソコンと並んで需要の高い機器です。そのため導入したい企業も多いですが、導入時に購入する場合と借りる場合ではコスト面や税制面などでも大きな違いがあります。一概にどちらが優れているとは言えないものの、それぞれメリットとデメリットがあるので、それらを把握したうえで導入する方法を選択すると良いです。まずコスト面では購入した場合とレンタルの場合では購入した方が安く済みますが、リースの場合はほとんど変わりません。

レンタルと違って長期にわたって利用する事を想定した長期を契約を結ぶので、購入した場合と費用がそれほど変わらなくなっています。購入した場合と比べてリースが優れているのは、買ってしまうと最初に一気に費用を支払うことになりますが、借りた場合はそうではないので、余裕資金が少なくても導入できます。さらに購入した場合は減価償却分しか経費計上できませんが、リースなら使用量や保守典型費用を全て経費として計上する事が可能です。一方でレンタルと比較した場合は使用期間が長くなるほど、トータルのコストが安くなるメリットがあります。

またレンタルの場合は機器の種類も選べませんし、どうしてもスペックとしては良くないものが貸し出されます。コピー機は技術革新によって、新たな製品が順次リリースされますがレンタルの場合は新しいモデルのものと交換してもらえません。しかしリースで耐用年数に合わせた契約をすれば、最新のコピー機を常に使用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *