コピー機をリースで導入するメリット

ほとんどの企業がパソコンを導入するようになった近年では、これまで記録用・資料用として残していた文書や数字をデータ保存することが当たり前のことになってきています。また、インターネット環境も整ったことで取引先とのやり取りもメールで行う人が増えており、多くの企業でペーパーレス化が進んでいます。しかし、FAXや書類など紙を使った企業間でのやり取りは今でも頻繁に行われているのです。そのため、ペーパーレス化を進めて経費削減を目指している企業であったとしても、コピー機は必ずオフィスに設置しておく必要があります。

ただ、デジタル化が進んでいる現代では通常のコピー機能だけではなく、スキャンなど最新機能が搭載されたコピー機がなければ仕事を円滑に進めることができません。ですが、そういった最新機種の価格は100万円以上もするため、購入すると一度に多額の購入資金が必要となってしまうことから経営の面で大きな負担がかかります。そういったことから、大半の企業はリースを活用しているのです。リースは初期投資を抑えることができること以外にも、経営者の方にとって多くのメリットがあります。

リースは購入する場合と違って所有権が発生しないため減価償却の手続きや固定資産税の支払い義務もありませんし、月々の使用料を経費として処理できます。そのため、例え100万円以上もするような最新型のコピー機を導入したとしても、トータルで考えると経費削減に繋げることができるのです。ですから、これから最新型のコピー機をオフィスに導入することを考えている経営者の方であれば、購入するよりもリースを選択することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *