コピー機をリースする場合の注意点とは

業務用のコピー機や複合機は購入するよりも借りた方が導入費用を抑えることができるため、リースをするのが一般的になっています。コピー機をリースする場合の料金は経費にできるだけでなく、月額料金は固定されているのでランニングコストを計算しやすいというメリットがあります。また自社で購入する場合とは異なり所有権がサービスの提供会社にあるので、減価償却の手続きを行う必要がなく固定資産税も発生しません。コピー機や複合機を自社で購入する場合と比較して、リースした場合は様々な事務処理をしなくてよいので業務を効率化できます。

コピー機を初期費用なしで借りれば手元にある現金を全て事業の運転資金にすることができ、効率的な経営が可能になります。銀行などの金融機関から融資を受ける場合と比較して審査は簡略化されているので、気軽に申込ができるというメリットも存在します。ただしリース契約を締結した場合には中途解約ができないため、基本的に固定金利で期間満了まで借りることになります。一旦契約すると解約したい場合には残りの債務を全て一括で支払って強制的に満了させる必要があるので、長期的な支払いのリスクがある点を注意しなければなりません。

コピー機や複合機を借りた場合にはサービスの提供会社が所有権を持っており、自社で自由に処分できないので注意してください。長期間にわたってリースしていると総合的な費用は購入した場合よりも高くなる可能性がありますが、毎月の料金は安いので少ない負担で最新の機器を利用できます。費用を抑えて常に最新の機種を使い続けたいのであれば、自社で購入するよりも借りるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *